INTERVIEW01

建築の仕事に携わることが子どもの頃からの夢でした

若手社員紹介ー建築本部ー

T. Kさん(2013年入社)
出身:日本工業大学 建築学科
所属:建築本部 施工管理(1級建築士・施工管理技士)

入社の決め手は何ですか?

日本工業大学内の合同企業説明会でOB社員から社内の雰囲気や先輩社員について、入社一年目の仕事内容など様々な話を聞いて入社したいと思いました。また出身が館林から近いということもあり、自宅から通える範囲というのも私にとっては大きな決め手の一つとなりました。

現在の仕事内容は何ですか?

先輩である現場監理技術者・現場代理人のもと現場管理をしています。具体的には、工事の予定や計画を立てる、工事現場の危険な場所を職人さんに知らせたり、職人さんが正確なものを造れるように図面を描く、墨を出す、職人さんが造ったものが図面通りできているか確認する、工事写真撮影、清掃などです。清掃は、私が一番大切にしていることで、汚い現場と綺麗な現場ではどちらが丁寧で良い仕事ができると思いますか?

どんな方と関わりながら仕事をしていますか?

現場の規模にもよりますが、当社社員2~3名で、職人さんが数十名。職人さんは、私と同年代の方から、お父さん、おじいちゃんの年齢まで幅広く働いています。一見怖そうな職人さんもいらっしゃいますが、話しをしてみるととてもやさしく、経験の浅い私に、ときには経験談を交えながら指導してくれ、協力しながら一つのものをつくりあげていきます。

仕事で感じたやりがいは何ですか?

当社には、尊敬できる先輩がたくさんいます。経験の浅い私はたくさんにミスをしています。しかし、そんな時に、どうすればよかったのか、なぜミスをしてしまったのかということを丁寧に指導していただけます。一度失敗してしまったことを次は、間違えないようにやろうと努力し、先輩社員の「完璧」という言葉を聞いたときは、「よし!!」という嬉しい気持ちと少しずつですが自己成長を実感することができました。

仕事で感じた厳しさは何ですか?

一つのミスで多くの人たちに迷惑に迷惑をかけてしまうこともあります。作業工程のミスにより、一度作業完了したものをすべてやり直しをせざるを得なく、予算オーバーや職人さんに同じ作業をしてもらうことになります。現場の形態に合った正しい判断をすることが求められるため、日々勉強と経験の積み重ねの毎日です。

ある一日の流れをご紹介します。

  • 7:30

    出社、清掃、朝礼準備

  • 8:00

    朝礼

  • 8:15

    新規入場者教育、職人さんと打ち合わせ

  • 9:00

    現場巡視、現場作業、施工図作成

  • 10:00

    書類作成、各種打ち合わせ

  • 10:30

    現場巡視

  • 11:00

    昼礼準備

  • 11:30

    昼礼

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    現場作業、現場清掃、施工図作成

  • 15:00

    書類作成、各種打ち合わせ、工程管理
    現場確認(今日の作業確認)
    現場確認(明日の作業確認)

  • 17:00

    書類まとめ、明日の準備

学生へのメッセージ

就職活動は、会社と自分の実力・性格・志向・人間性のマッチが必要です。思い通りに行かない場合もありますが、それも「縁」でもあると思います。是非全力で就職活動し、結果河本工業でお会いできることを楽しみにしています。